宝くじで高額当選を目指すブログです。ロト7、BIGを中心に挑戦します。過去、ロト7で4~6等当選が複数あります。BIGは4等当選が1回あります。
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2013年11月25日 (月) | 編集 |
BIG史上初の10億円は出たのでしょうか?

抽選結果は以下の通りです。
第662回 BIG くじ結果

2 1 1 1 1  0 2 2 1 0  2 0 2 1

なんと、1等が9本も出ました!

10億2円と、なぜか端数2円が付きました。

売上金額は、8,757,859,800円でした。

売上金額は、BIG史上最高額ではないでしょうか。
やはり、1等当選金額が10億円というのが、利いた
結果ですね。

次回への繰越金(キャリーオーバー)は、
1,473,453,045円でした。

次回も1等が10億円となる可能性がありますね。


私は、外れました。

でも、一つだけ惜しいものがありました。
第662回<スポーツ振興くじ>BIG 惜しい結果



BIGの抽選結果は以下のページで確認できます。
第662回 BIG くじ結果 






当選実績はこちらをご覧ください。
   ↓
BIG当選実績





スポンサーサイト
テーマ:ブログ
ジャンル:ブログ
2013年11月22日 (金) | 編集 |
ロト7の分析(7)

最大数字の出現回数

第33回(2013年11月15日)の抽選結果は、
01・04・17・24・29・33・36(19・30)でした。

私は、ハ・ズ・レ ました。

連続数字は今回も出現しませんでしたね。
ちなみに、2回続けて連続数字なしは、初めてでした。

今回はどうなるでしょうか?

最大数字の出現回数

直近の第33回(2013年11月15日)抽選までの最大数字の
出現回数は下記のとおりです。

最大数字の出現回数

21  1
22  0
23  1
24  0
25  1
26  0
27  0
28  4
29  1
30  3
31  2
32  0
33  4
34  2
35  4
36  7
37  3



現段階で、最大数字の出現回数からわかること

32はまだ出現していませんが、28以上37
までまんべんなく出現しています。

その中でも、36は7回とダントツに多く出現
しています。

次に多い出現回数は4回で、28、33、35
の3つです。

さすがに、今のところ、7から20までは出現
していません。

もちろん、今後は分かりません。
01・02・03・04・05・06・07
の連続数字が出ない、とは言えないからです。

何度も言いますが、抽選回数が33回と少ない
ので、はっきりしたことは言えません。


4番目の数字の出現回数

4番目というのは、ちょうど真ん中の数字です。
どんな数字が多く出現しているでしょう。

さっそく、調べてみました。


4番目の数字の出現回数

04  0
05  1
06  1
07  1
08  0
09  2
10  1
11  1
12  0
13  1
14  1
15  2
16  1
17  3
18  2
19  2
20  2
21  1
22  2
23  3
24  2
25  1
26  0
27  0
28  0
29  2 
30  0
31  1
32  0
33  0
34  0


現段階で、4番目の数字の出現回数からわかること

まんべんなく出現していますが、さすがに30以上に
なると極端に少なくなります。

31が1回あるだけです。


第34回(2013年11月22日)の抽選結果が出ました!

04・06・07・23・24・32・35(08・27)
でした。

連続数字が出現しましたね。06、07と23、24
でした。

最小の数字は04、最大の数字は35、4番目の数字は
23でした。

私は、ハ・ズ・レ ました。

1等当選がなく、キャリーオーバーとなりました。
次回、8億円が出るか?

楽しみです!!

次回チャレンジします!





当選実績はこちらをご覧ください。
   ↓
ロト7当選実績

「ロト7で八億円をゲットするぞ」と書いて、
(下手な字ですが)毎日眺めています!

言葉の迷宮というブログで取り上げていますが、
神田昌典さんが『非常識な成功法則』の中で、
書いていることを、実践してみたのです。





テーマ:ブログ
ジャンル:ブログ
2013年11月14日 (木) | 編集 |
BIGが1年中購入できるようになりました!

BIGの記事で書きましたが、もう一度掲載します。

BIGに関して、最近のニュ―スが伝えるところに
よりますと、現行1等3億円、キャリーオーバー時に
6億円(実際、キャリーオーバーが65億円、
(2013年10月22日現在)なので、6億円)が、通常時
7億5千万円、キャリーオーバー時には15億円に
なるそうです。

この収益金は、2020年に開催される東京オリンピック
の施設整備費などに充てられるそうです。

詳しくは → 
BIG当選金7億5千万円へ キャリーオーバー時は
15億円…改正案閣議決定

をご覧ください。

日本の宝くじもようやく、高額当選金額で
世界の宝くじに肩を並べるようになって
きましたね!

もっとも、アメリカのロトくじは一桁多く、
100億円超ということもありますので、
上には上があります。


Jリーグが開催されていない12月から2月
までの期間は、ヨーロッパサッカーが開催
されているので、そのゲームの勝・敗・
引き分けを選ぶということになります。

ただ、コンビニなどでBIGを購入する
場合には、コンピューターが無作為に
選んだものになります。

ネット銀行経由の場合には、一部のゲーム
の勝・敗・引き分けを自分で選ぶことが
できるようです。

今、発売されているBIGは、最高当選金が
10億円となっています。

私も3口購入しました。

23日(土)まで発売しています。




当選実績はこちらをご覧ください。
   ↓
BIG当選実績


「ロト7で八億円をゲットするぞ」と書いて、
(下手な字ですが)毎日眺めています!

言葉の迷宮というブログで取り上げていますが、
神田昌典さんが『非常識な成功法則』の中で、
書いていることを、実践してみたのです。





テーマ:ブログ
ジャンル:ブログ
2013年11月14日 (木) | 編集 |
ロト7の分析(6)

最小数字の出現回数

第32回(2013年11月8日)の抽選結果は、
03・08・15・18・27・29・37(31・34)でした。

私は、 は・ず・れ ました。

連続数字は出現しませんでしたね。

32回までの抽選では、2回続けて「連続数字なし」はありません。
次回も「連続数字なし」となれば、初めてのことになります。


最小数字の出現回数

直近の第32回(2013年11月8日)抽選までの最小数字の
出現回数は下記のとおりです。

最小数字の出現回数
01  6
02  8
03  2
04  3
05  2
06  3
07  1
08  0
09  2
10  0
11  2
12  2
13  0
14  0
15  0
16  0
17  0
18  0
19  0
20  1
21  0
22  0
23  0
24  0
25  0
26  0
27  0
28  0
29  0
30  0
31  0



現段階で、最小数字の出現回数からわかること

01と02が6回と8回で、圧倒的に出現回数が
多いです。

一桁の数字に集中しています。32回中27回です。

13から19までは、最小数字として1回も出現
していません。

21から31まで、も同様です。

このことから、01か02のスタートで、他の6個
の数字を考えてみるほうが当選確率は高いと思います。

何度も言いますが、抽選回数が32回と少ない
ので、はっきりしたことは言えません。


最小数字01と02の他の数字との相性

最小数字01と他の数字との相性
02  1
03  4
04  1
05  2
06  2
07  1
08  0
09  1
10  1
11  2
12  0
13  1
14  1
15  1
16  2
17  2
18  2
19  0
20  0
21  2
22  0
23  0
24  1
25  1
26  0
27  1
28  3
29  1
30  2
31  0
32  0
33  2
34  0
35  0
36  0
37  0


最小数字02と他の数字との相性
03  2
04  1
05  2
06  0
07  1
08  2
09  1
10  1
11  1
12  0
13  1
14  3
15  1
16  1
17  2
18  0
19  0
20  2
21  3
22  2
23  4
24  1
25  2
26  1
27  0
28  3
29  1
30  1
31  2
32  1
33  0
34  1
35  1
36  2
37  1


現段階で、最小数字の01と02の他の数字
との相性からわかること


特別に相性がいい数字は見当たりません。
01と同時に出現する数字で、最も多い数字は03で
4回です。

02と同時に出現する数字で、最も多い数字は23で
4回です。

つまり、最大でも4回しか同時に出現していないのです。

今後、どの数字と相性がいいのか確認するのは
楽しみです。

それがわかってくれば、当選確率を高めることが可能に
なるかもしれません。

あなたは次回、どの数字を選びますか?





当選実績はこちらをご覧ください。
   ↓
ロト7当選実績

「ロト7で八億円をゲットするぞ」と書いて、
(下手な字ですが)毎日眺めています!

言葉の迷宮というブログで取り上げていますが、
神田昌典さんが『非常識な成功法則』の中で、
書いていることを、実践してみたのです。





テーマ:ブログ
ジャンル:ブログ
2013年11月03日 (日) | 編集 |
ロト7の分析(5)

前回を振り返る

ご存知のように、ロト7は37個の数字から
7個の数字を選ぶくじです。

前回は、4連続数字、3連続数字、2連続数字の
出現回数と、それらをグループ化して、組み合わ
せて、10のパターンで考えることをご紹介しま
した。


37個の数字の出現回数

直近の第31回(2013年11月1日)抽選までの出現
回数は下記のとおりです。

個々の数字の出現回数
01  6
02  9
03  6
04  6
05  7
06  6
07  5
08  6
09  6
10  5 
11  6
12  6
13  7
14  5
15  6
16  7
17  6
18  3
19  6
20  3
21  8
22  4
23 10 
24  6
25  4
26  5
27  4
28 11 
29  7
30  7
31  5
32  3
33  6
34  6
35  5
36  7
37  2


現段階で出現回数からわかること

37の2回は最も少ない出現回数です。

23と28はそれぞれ10回と11回でこの2つの
数字の出現回数だけが、今のところ二桁になっ
ています。

02は9回、21は8回で続いています。

6回が最も多いですね。
01/03/04/06/08/09/11/12
15/17/19/24/33/34/
以上、14個の数字です

何度も言いますが、抽選回数が31回と少ない
ので、はっきりした傾向はまだ出ていません。

1つの考え方として、10の組み合わせパターン
と個別数字の出現回数とを組み合わせて、7つ
の数字を決定していくのは、いかがでしょうか。

ちなみに、次回、第32回(2013年11月8日)抽選の
数字は、パターン5 (B)+(C)+(C)と、
パターン6 (B)+(C)+(X)+(X)
を選びました。

尚、選んだ数字は今は公表できません。

* (B)は3連続数字、(C)は2連続数字、
  (X)は単独数字

あなたはどの数字を選びますか?





当選実績はこちらをご覧ください。
   ↓
ロト7当選実績

「ロト7で八億円をゲットするぞ」と書いて、
(下手な字ですが)毎日眺めています!

言葉の迷宮というブログで取り上げていますが、
神田昌典さんが『非常識な成功法則』の中で、
書いていることを、実践してみたのです。





テーマ:ブログ
ジャンル:ブログ
2013年11月01日 (金) | 編集 |
ロト7の分析(4)

数字のグループ化

11月最初のロト7の抽選数字は、
09・12・13・19・23・33・34(20・32)
でした。1等8億円が1口出ましたが、
キャリーオーバーになりました。
330,605,330円です。

次回も8億円のチャンスです!


連続数字の組み合わせ

前回、2連続数字、3連続数字、4連続数字について
お話しました。

これらの連続数字の組み合わせはいくつあるでしょ
うか。

連続数字の組み合わせ

1. 4連続数字の組み合わせは34個

2. 3連続数字の組み合わせは35個

3. 2連続数字の組み合わせは36個

それぞれの組み合わせを見ていくことにしましょう。

4連続数字の組み合わせは34個
① 01・02・03・04
② 02・03・04・05
③ 03・04・05・06
④ 04・05・06・07
⑤ 05・06・07・08
⑥ 06・07・08・09
⑦ 07・08・09・10
⑧ 08・09・10・11
⑨ 09・10・11・12
⑩ 10・11・12・13
⑪ 11・12・13・14
⑫ 12・13・14・15
⑬ 13・14・15・16
⑭ 14・15・16・17
⑮ 15・16・17・18
⑯ 16・17・18・19
⑰ 17・18・19・20
⑱ 18・19・20・21
⑲ 19・20・21・22
⑳ 20・21・22・23
㉑ 21・22・23・24
㉒ 22・23・24・25
㉓ 23・24・25・26
㉔ 24・25・26・27
㉕ 25・26・27・28
㉖ 26・27・28・29
㉗ 27・28・29・30
㉘ 28・29・30・31
㉙ 29・30・31・32
㉚ 30・31・32・33
㉛ 31・32・33・34
㉜ 32・33・34・35
㉝ 33・34・35・36
㉞ 34・35・36・37

3連続数字の組み合わせは35個
① 01・02・03
② 02・03・04
③ 03・04・05
④ 04・05・06
⑤ 05・06・07
⑥ 06・07・08
⑦ 07・08・09
⑧ 08・09・10
⑨ 09・10・11
⑩ 10・11・12
⑪ 11・12・13
⑫ 12・13・14
⑬ 13・14・15
⑭ 14・15・16
⑮ 15・16・17
⑯ 16・17・18
⑰ 17・18・19
⑱ 18・19・20
⑲ 19・20・21
⑳ 20・21・22
㉑ 21・22・23
㉒ 22・23・24
㉓ 23・24・25
㉔ 24・25・26
㉕ 25・26・27
㉖ 26・27・28
㉗ 27・28・29
㉘ 28・29・30
㉙ 29・30・31
㉚ 30・31・32
㉛ 31・32・33
㉜ 32・33・34
㉝ 33・34・35
㉞ 34・35・36
㉟ 35・36・37


2連続数字の組み合わせは36個
① 01・02
② 02・03
③ 03・04
④ 04・05
⑤ 05・06
⑥ 06・07
⑦ 07・08
⑧ 08・09
⑨ 09・10
⑩ 10・11
⑪ 11・12
⑫ 12・13
⑬ 13・14
⑭ 14・15
⑮ 15・16
⑯ 16・17
⑰ 17・18
⑱ 18・19
⑲ 19・20
⑳ 20・21
㉑ 21・22
㉒ 22・23
㉓ 23・24
㉔ 24・25
㉕ 25・26
㉖ 26・27
㉗ 27・28
㉘ 28・29
㉙ 29・30
㉚ 30・31
㉛ 31・32
㉜ 32・33
㉝ 33・34
㉞ 34・35
㉟ 35・36
㊱ 36・37

* 青字は出現した連続数字


連続数字の出現パターン

4連続数字を(A)
3連続数字を(B)
2連続数字を(C)
単独数字を (X)

とします。

選択できる数字は01~37までの37個です。
37個のうち、7個を選択するのがロト7です。

(A)、(B)、(C)、(X)の組み合わせは、
10個あります。

① (A)+(B)
② (A)+(C)+(X)
③ (A)+(X)+(X)+(X)
④ (B)+(B)+(X)
⑤ (B)+(C)+(C)
⑥ (B)+(C)+(X)+(X)
⑦ (B)+(X)+(X)+(X)+(X)
⑧ (C)+(C)+(C)+(X)
⑨ (C)+(C)+(X)+(X)+(X)
⑩ (C)+(X)+(X)+(X)+(X)+(X)


では、11月1日抽選(第31回)分を含めたパターンを
見てみましょう。

③ (A)+(X)+(X)+(X)           1回
⑤ (B)+(C)+(C)              1回
⑦ (B)+(X)+(X)+(X)+(X)      7回
⑨ (C)+(C)+(X)+(X)+(X)      4回
⑩ (C)+(X)+(X)+(X)+(X)+(X) 10回 

* 第4回抽選では、2連続数字が2組と3連続
 数字が1組が出現したため、それぞれをカウン
 トしたため、出現パターンの数と1回違います。

第31回は⑨ (C)+(C)+(X)+(X)+(X)
のパターンでした。

尚、ボーナス数字を含めて考えると、19・(20)/
(32)・33・34となり、連続数字が出現していること
になります<( )はボーナス数字>。


復習になりますが、02・03が2回、12・13は今回
出現しましたので同じく2回、そして28・29・30も
2回出現しています。

次回ははたして、どんな数字で、どのパターンに当て
はまるでしょうか。





当選実績はこちらをご覧ください。
   ↓
ロト7当選実績

「ロト7で八億円をゲットするぞ」と書いて、
(下手な字ですが)毎日眺めています!

言葉の迷宮というブログで取り上げていますが、
神田昌典さんが『非常識な成功法則』の中で、
書いていることを、実践してみたのです。





テーマ:ブログ
ジャンル:ブログ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。